便潜血検査について

便潜血検査便潜血検査には、化学法(グアヤック法、オルトトリジン法)と免疫学法があり、現在一般的によく用いられているのは便の中にヒトヘモグロビンといわれる血液成分が混じっているかどうかを、免疫学的に試薬を使って検査する免疫学法です。

化学法と異なり、微量な血液でも感知しますので、一見普通に見える便でも「陽性」と出ることがあります。

免疫学的便潜血検査容器便潜血検査は一般的ですが、1回でも「陽性」と出れば残りが「陰性」であっても、その検査は「陽性」と判断されます。「陽性」と判定されれば痔核だけでなく、大腸癌、大腸ポリープの発生の危険性があります。よって、便潜血検査が「陽性」であれば、大腸精密検査を受けることをお勧めします。
もし「陰性」と判定された場合でも、絶対に大腸癌、大腸ポリープが発生していないとは言い切れません。たまたま検便時に病変からの出血がなかった可能性もあります。また、早期大腸癌などは出血しないものも多く存在しますので、40才以上の方は一度精密検査を受けられることをお勧めします。

大腸精密検査には、注腸造影検査と全大腸内視鏡検査がありますが、進行大腸癌だけでなく、小さな大腸ポリープや早期大腸癌、炎症性腸疾患を見落とすことなく正確に診断するのなら全大腸内視鏡検査をお勧めします。

※右画像は免疫学的便潜血検査容器